12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-04 (Sat)
あたしが何故、ナース服を持っているのか・・・
その真相は―――――


時はまたさかのぼり、あれは2005年のクリスマス・・・
女友達6人でカラオケオールをして
オマケにコスプレ大会なんてものも開催されちゃいましたw
みんなでドンキにてセーラー服やサンタの衣装
チアリーダーやナース服など・・・買いこみました。
みんな、順番にコスプレをして撮影会(笑)
カラオケの部屋はかなりゆったりできる
大きい部屋だったので、好き勝手できましたw
最後は気に入った服を着てマッタリカラオケしたのを覚えています・・・(遠い目)

様々な衣装を身にまとった女子6人が
普通にカラオケをしている姿を想像してご覧下さい・・・
笑えます・・・
というか、ドリンクを運んできた店員の反応が1番ウケました(`∀´)ケラケラ


で、その時の『女だけのクリスマス・コスプレ・カラオケパーティー』の時に
それぞれみんなコスプレの服を引き取る事になり
あたしは残り物のナース服をもらったわけです・・・(チャンチャン)


その事を相方さんに説明すると
また同じ質問をされました。

「そのナース服ってまだ持ってるの?」

「うん・・・確か、(実家の)タンスの奥底に・・・」

「次、あう時に持ってきてよ」

あっさりさっぱり言われた為か
特に何も疑うこともなかった為か・・・
あたしは相方さんの家へ遊びに行く日に
ナース服を持って行ってしまったのです・・・



※続きはちょっとえっちネタですっ(汗)
スポンサーサイト
>> ReadMore
| 昔の事 | COM(0) | TB(0) |
2009-04-04 (Sat)
相方さんの誕生日プレゼントの候補に(あくまで候補)
コスプレグッズが突如、挙げられてしまった訳ですが・・・
前回の日記の会話から・・・
『ナースとチャイナと巫女はある』ということで
過去のコスプレを思い出してしまいました(>_<)


きっかけは・・・ほんの些細な事でした。



あれは、付き合い始めてまだ間もない頃の事・・・
2人で学生時代の話をしていた時に、あたしが
文化祭のカラオケ大会に出場した時の事を話しました。


その当時はあたしは友達と一緒に
ヴィジュアル系バンドにハマっていて・・・
カラオケ大会でなんとも奇抜な格好で参加しました・・・


その格好と言うのが
ナースコス☆。+
でした・・・・・・・・orz
しかも、ナースコスして、ランドセルまで背負ってました・・・
そして唄うはケ○ストリー(笑)
どうしてナースランドセル背負ってケミ○トリー唄うの?
高校生の時のあたしに問いたい・・・
多分好きなバンドのLIVEで友達がナースコスしてたから・・・かな。
友達に『ナースコスしよ♪』って誘われちゃったんだと思う。
その時のナース服は友達から借りました。
やけに胸が強調されて、悪友(笑)に大いにいじられました・・・(トホホ)


と、いう話をしていたら・・・
相方さんに
「そのナース服ってまだ持ってるの?」

「あ、いや・・・あれは確か友達に返したけど・・・」

「けど・・・??」

「違うナース服なら持ってるよ」

「なんで!?」




さて、何故でしょう・・・
ごめんなさい!!続きは後ほど・・・
| 昔の事 | COM(2) | TB(0) |
2009-03-10 (Tue)
初デートのことを
振り返ってみよう♪


初デートは初めて「好きだよ」
言われたその日でした(´∀`)

恋人同士になったその日にいきなりデート!!
元々、その日は2人で遊ぶ約束もしていたので
どういう心構えでいたらいいのか・・・とか
なんとも不思議な気分でした(^-^;)

その日も、やっぱり雨が降っていました。
そして色々と検討した結果
映画を観に行く事になりました。

初めて一緒に観る事になった映画はこちら。
『イルマーレ』
the lake house
キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック共演の
2004年と2006年を結ぶ不思議な郵便箱で
文通を始めた男女が、実際には会えない
互いへの恋心を募らせていく――――――

そんなお話の映画でした。
2年という微妙な時間のすれ違い
最後に2人が巡りあう瞬間は素敵でした☆。+

その時はプレミアムシートという
二人掛けのソファーのような
席に座って観ました。
手を繋ぐわけでもなく…
隣の存在がひたすら気になりました(笑)
あと、キスシーンとかは観ていて
変にドキドキしてしまったり…
落ち着かなかったなぁ(´∀`;)


そして、観終わってから
相方さんがひと言
「うーん、25点だな・・・」

「え~!?低すぎるよ・・・」

「じゃあ、あれはどうしてああなったの?」

「そ・・・それは・・・まぁ映画なんだから
 あんまり深く考えないでいいんだよ(汗)」


以上、A型相方さんとO型みきはうすの
会話でしたー(´∀`;)
今思い出しても笑えますwww

その後、相方さんは仕事だったので
駅でバイバイしました。



☆。゜・。・☆゜・。゜・。・☆゜・。゜・。・☆。゜・。・☆゜・。゜

まぁ、なんともあっさりさっぱりな
デートですこと~(笑)


そして、今いろいろと
この映画の事を調べていて
分かって驚いた事が・・・

この映画は韓国のオリジナル作品を
リメイクしたもので
そのオリジナルの韓国映画『イルマーレ』は
一緒に観にいった2人は結ばれるという
ジンクスを生み出した「幸運のデートムービー」と
話題を呼んだそうなのですwwwwww

いやいやいやいや、そんな
ジンクスがあったんですねぇ・・・
ハリウッドのほうはどうなんでしょうねぇ??
気になります!!


| 昔の事 | COM(0) | TB(0) |
2009-02-06 (Fri)
思い出・徒然でございます(´∀`)
参考までに、前回はこちらです。

相方さんの家に再びお邪魔して
飲みなおすことになりまして
私は相方さんお手製のカシスオレンジを
相方さんは好物のブランデーを・・・
おつまみをちょいちょいつまみながら
お喋りをしました。

でも、やっぱり口下手な私は(本当に口下手なんです;)
聞き役に徹して・・・相方さんは
お仕事の話やお友達の話をしてくれました。
徐々に酔いが回って饒舌になっていく相方さん・・・

「そういえば猫が好きなんだっけ?」

「あ、そうなんですよー(´∀`)」

「近所で猫飼ってるみたいで
時々放し飼いされている猫がうち来るんだよ」


「えー!?そうなんですか!?」

「よく私が仕事から帰ってくるときに、ひょっこり現れて
一緒に家に入ってくるんだよねー」


「人懐っこい猫ちゃんなんだぁ(´∀`)w」

「次、来たとき会えるといいね(^-^)
でも、猫ってあんまり人に懐かないよね??」


「え?あ、あぁ・・・あんまり懐かない猫もいると思うけど・・・」

なんだか、さらっと「また次来る」ということが
当たり前のようになってる・・・
驚きでした・・・(@Д@;)

私、今まで友達の家とかに頻繁に泊まることがなくて
そういう感覚がいまいち分からなかったんです。
しかも相手はタチさん・・・
これはどういうことなんだろうか・・・
なんて、話しながら考えてしまったりしたものです(´∀`;)

随分と話して夜も更けて・・・
そろそろ寝る時間になりました。
私が先にお風呂を貸してもらい
次に相方さんがお風呂に入ります。
その間、また私は前回読ませてもらった
『NANA』の漫画を読ませてもらって待ってました。

「それじゃ、寝ようか(´∀`)」

「あ、はい(^-^)」

そして、また2人並んで布団に横になりました
相方さんは左に、私が右に・・・
またすぐに相方さんのほうから
寝息が聞こえてくるのだろうな
なんて、思っていたら・・・

相方さんの右腕がこちらへ伸びてきたのです。

(???(@ω@;)???)

とてつもなく驚いて、心臓はすでに大きく高鳴っていました。
そのまま相方さんの右腕が
私の首の下にするりと滑り込んできて
ぐいっと、引き寄せられました。

どきん どきん どきん どきん ・・・

体全身が心臓になってしまったみたい
頭の中は「?」ばかりで爆発しそうだった

そしたら相方さんが

「ちゅうしていい?」

と、ひとこと。

え?え?えー???
『ちゅう』って・・・『ちゅう』???
kissっていうこと?接吻っていうことで
唇と唇がくっつくこと???

と、数秒パニックになりながらも
もう自分の中には『YES』という
答えしかなかった。

そして、1回うなづいた。

相方さんの顔が更に近づく。
重なる唇と唇・・・
でも、相方さんの唇が
私の上唇にくっついて

(あ・・・ずれた?)

と、どこかで思ったりして・・・

一方、相方さんの唇は
私の頬や瞼やおでこ・・・
次々にkissをふらせていた

私の心臓はずっとドキドキとうるさくて
聞かれたらどうしよう、とかどうでもいいこと心配して
でも、どんどん相方さんの唇の暖かさと
柔らかさに、頭の中はとろんとしてきた。

ひとしきり、私の顔中にkissを降らせた
相方さんは、私をぎゅっと抱きしめて・・・






寝た





(´∀`;)






それはもう、豪快ないびきを掻きながら・・・
私はというと、もう心臓のドキドキは
全然止る気配はないし・・・
kissはしたけど・・・それだけだし・・・
なにがなんだか。

パニックのままで全く寝付けず
しばらく起きていました(´∀`;)
ちょっと寝たと思ったら、また目が覚めてを繰り返し
そのまま朝になりました・・・
何度目かに目覚めた時、まだ相方さんの腕の中にいて
夢じゃなかったんだな・・・と思いました。

少し身じろぐと、相方さんも起きました。

「・・・おはよ^^眠れた?」

「お、おはよう・・・あ、うん・・・

本当は全然眠れなかったけど・・・

「昨日は酔ってたけど、意識はしっかりあったからね」

「あ、うん・・・(^-^;)」

そして、また相方さんの腕に引き寄せられて
唇が重なる・・・
今度はしっかりと(苦笑)

「ちゅうしたことも、ちゃんと覚えてるよ」

そのまま何度も口付けられる・・・
重なりはどんどん深くなっていって
止らない口付けの間で囁きあう。

「好きだよ・・・」

「ゎ、私も・・・」

と、いうことで・・・
付き合うことになったのでした(´∨`*)


。゜・。・☆゜・。゜・。・☆゜・。゜・。・☆。゜・。・☆゜・。゜

馴れ初めのお話はこれでおしまい(´∀`)
ですが、まだちょっとこの『振り返ってみよう』の
シリーズは続けさせてもらおうと思います。

ひとまず、ここまでお付き合いいただき
本当に本当にありがとうございました(≧∀≦)



>> ReadMore
| 昔の事 | COM(2) | TB(0) |
2009-02-05 (Thu)
ぽーっとしてたら、もう木曜日なんですね・・・(>_<)
もう少しで、今週が終わってしまうところでした(汗)

さて、思い出・徒然の続きでございます。
前回はこちらです。

お台場でお友達カップルとさよならして
ゆりかもめに乗り、途中下車して
徒歩で相方さんの家へ行くことになりました。

10月始め、夜の空気は少し冷たくて
少し風がふいていたのを覚えています。
2人、少しの距離を置いて並んで歩きます。

とっても口下手な私・・・
会話は、ぽつり・・・ぽつり・・・。

けどお互い、子どもが好きなので
保育園の子どもの話をすると
盛り上がりました。
相方さんとそう話していると
(やっぱ、相方さんも子どもが好きなんだなぁ)
なんて、つくづく思いました。

他にも話したことはあったけれど
あまり覚えていません(汗)
ちょっと緊張していたのかな・・・

覚えているのは、歩く夜道がひっそりとしていて
たまに通り過ぎる車の音の他には
2人の足音だけが響くだけ。
ゆったりとした歩みが、なんだか心地よかった・・・

そうこうしているうちに、相方さんの家へ到着しました。
ついこの間来たばかりの相方さんの家・・・
2度目の「お邪魔します」

また、部屋の中は綺麗に片付いていました(笑)
2人、腰を落ち着けるとお酒を飲みながら少し話すことに・・・
相方さんはひと通りのカクテルの材料を持っていて
よく友達が来るといろんなお酒を作るそうで
その時私には、私が好きなカシスオレンジを作ってくれました。
そして相方さんは、ブランデーを開けました・・・


次回に続きます。

| 昔の事 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。