12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-09 (Mon)


大変、申し訳ありません・・・
前回の日記を削除したことを
いち早くお詫びしたかったのですが・・・
一昨日から風邪を拗らせてしまいました・・・


バイトがあった為、まだ病院へは行けてませんが・・・
明日、休みなので通院しようと思っています。
インフルエンザじゃないことを祈ります・・・
こんな記事も発見して・・・
相方さんとやまとにうつらないよう
24時間マスクとお友達です。
猫さん、犬さんがご家族にいる方・・・
お気をつけくださいませ・・・


前回、日記にて頂いたコメントは
ひとつひとつ、一語一句を
大切に読ませていただきました。
本当にありがとうございます。
ただ、お返事のほうは風邪が治って
しっかりと脳が働くようになってから
返事させていただきたいと思います。
重ね重ね、申し訳ありません・・・


あんな日記を書いて、罰が当たったんだろうな・・・
と思っています・・・


どうか、完治してからコチラへ戻ってくることを
ご容赦くださいませ・・・



乱筆、乱文失礼いたしました・・・




2009.11.9  みきはうす



スポンサーサイト
| タイトルなし | TB(0) |
2008-11-12 (Wed)
先週、相方さんがオフの日

久しぶりのお出掛けにルンルン気分♪


『普段休みの日とか
手繋いでゆっくりブラブラ
歩いてるだけで幸せ』

ついこないだもらった
相方さんのその言葉
こっそり思い出しながら
にまにま…

隣の相方さんの横顔を
こっそりこっそり
気付かれないよう覗き見る

繋いだ手と手…
幸せ…


新宿で夕飯を食べた後
ゲーセンでメダルゲームに夢中になった

気がついたら3時間も経っていた(笑)

終電の時間も近づき
ゲーセンを後にする。

「楽しかったね~♪」

「2人で夢中になってたね(苦笑)」


歌舞伎町を抜けて新宿の駅前に近づいたとき
前に黒人さんが立っていた
私達2人を見ている
そして、難しい顔をして
私と相方さんを交互に指差した

なんだろ?
と、思った私はその黒人さんと目があってしまった。


「Lesbian?」


黒人さんの口から飛び出した言葉は疑問系。


そのまま黒人さんと
すれ違いながら
相方さんと2人で
『あはは~…』
と苦笑い…



「だからってなんなんだかねぇ(´∀`;)」

「うん…」




相方さんの心中が
読み取れない…

多分、どうでもいいって
思ってるのかなぁ…



黒人さんが何を
言いたかったのかは
分からない…



けれど、時々こうやって
周りから思い知らされる…



間違い探し?されてるのかな??




| タイトルなし | COM(2) | TB(0) |
2008-11-08 (Sat)
20081108080844
相方さんのもとへ帰って
普通に過ごせています。

昨日、夕食の買い物をしに
スーパーに向かう途中で
小道を歩いていたら
茶とらにゃんこが!!

人懐こそうでなでなでできそう!!
と、しゃがんで手を伸ばしたら…

『トラオのこと知ってるの?』

と、声をかけてきたのは
ランドセルを背負った女の子♪

「あ、この子トラオっていう名前なんだ^^」

『そうだよ、こうやって触れるよ^^』

「ホントだね~」

『ほら、目つぶって気持ちいい~ってしてるよ』

見知らぬ女の子と2人でクスクス笑った。

女の子が猫を撫でているところを
携帯でパチリ☆

それを2人で見て
またクスクス(´∀`)

しばらく猫と戯れ、バイバイした。
なんだか、暖かい気持ちになりました(^-^)
| タイトルなし | COM(0) | TB(0) |
2008-11-04 (Tue)
20081104133816



↑うちのネコ



ゴロゴロ言いながら
毛布をもみもみしとる。
とっても真剣。
でも、耳はこちらに向け
様子を伺ってる。



子猫の頃
この子は母猫の乳を
同じように揉んで
乳を飲んでたのかな








今日、相方さんちに帰る。
多分あたしだけだろうけど、なんか気まず…



ちゃんと相方さんの顔見れるかなぁ…




| タイトルなし | COM(0) | TB(0) |
2008-09-09 (Tue)

つきまとう、今はもう実在しない影に
私ひとり踊らされている。

またもや、元カノのことでドハマリしてる。


ついに、彼女と揉め事にまでなってしまった。


ついに私は言ってしまったのだ


『前の写真は捨てないの?』


と…


直接ではなくメールで。


そしたら、彼女には彼女なりのある事情があった。
だけど
『そうやって聞くことは捨ててほしいんだよね?』
と、即座に捨てる作業に取りかかったらしい。


私は捨ててなんて言ってないのに。


それで、捨てなくていいからと、メールすると


『嫌なら嫌って言えばいいじゃん。捨てさせればいいじゃん』

って…





もう、消えてなくなりたくなった。


私はただただ、謝った。

言うべきじゃなかった。

聞くべきじゃなかった。


でも彼女は

『みきはうすが、自分の事を大切にしてくれればいいんじゃん。』
『責任とるから捨ててとか、意思表示をしろ』

と、言ってきた…


けれど、パニックになった私はもう言葉が受け入れられず
自分がどうしたいのかさえ見失った。


責任って何?

私があなたを大切に想い続けるなんて、そんなの当たり前のこと過ぎて、そんなので捨てさせていいのかが分からない。

分からない。

どうすればいい?

どれが正解?

正解なんてないこと、知っている。

あるのは絶望。

言わなければよかった。

気にするんじゃなかった。

自分なんて生まれるんじゃなかった。

私は物言わぬ岩になりたくなった。

なにも、感情も感覚もなにもなにもない。

それでいい。

人間はややこしすぎて疲れます。



| タイトルなし | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。